1日でも早く成功したい!失敗をして遠回りしないためにやるべきこととは?

Webライティングで報酬を得る【ネットビジネスその3】

Webライティングで報酬を得る【ネットビジネスその3】

 

Webライティングの技術をみがきたい

 

アフィリエイト生活を続けるためにWebライティングの報酬を得たい

 

アフィリエイト初心者が壁にぶち当たる上記2つ、私も半年前にぶち当たりました。

 

ちょうどアフィリエイトにはWebライティングの技術が必要だと分かった頃です。

 

当時すでに本業である職場を退職していた私に残された道は、アフィリエイト収益を上げるためにWebライティングの技術を身に着けながら報酬を得ることでした。

 

それでは私が実践してきたWebライティングで報酬を得る方法をご紹介します。

 

 

Webライティングの報酬を得る方法と相場の文字単価について

 

 

文字単価で報酬を計算されることの多いWebライティングの仕事。

 

実は文字単価は案件により相当差があり、1文字0.1円〜1文字5円位まであります。

 

はじめに文字単価別の特徴をご紹介します。

 

 

文字単価の相場と案件の特徴

 

 

文字単価別に特徴をまとめてみました。

 

あくまで特徴のためこの限りではありませんのでご承知おきください。

 

 

【文字単価0.1円〜0.5円】

 

・アンケートや口コミなど、Webライティングの技術を必要としない案件が多い

 

・検収も非承認になることが少なく修正依頼などもない

 

・1,000文字以下の案件がほとんどで、隙間時間でも参加できる

 

 

【文字単価0.6円〜0.9円】

 

・ブログサイトの記事やお役立ちサイトなどで、子育て・仕事・旅行・ペットなど、日常生活に関わる内容や人生経験が役に立つ案件が多い

 

・検収も修正依頼はあるが軽度で、非承認になることはほとんどない

 

・1,000文字〜3,000文字の案件が多い

 

 

【文字単価1円〜1.5円】

 

・大手企業のコンテンツメディアやまとめサイトなどの案件が多く、内容は美容系・ガジェット系・ファッション系・求人系などさまざま

 

・編集担当者が記事の検収を行い、納得のいくまで修正が入る=スキルアップができる

 

・1,000文字〜30,000文字以上まで、文字数はさまざま

 

 

【文字単価1.5円以上〜】

 

・企業の専門分野の案件が多く、国家資格や卓越した知識や経験など専門性に特化した案件が多い

 

・編集担当者がいるが、専門分野のため修正はあまり入らない=信用度が高い

 

・1,000文字〜30,000文字以上まで、文字数はさまざま

 

 

Webライティングの報酬を得る方法

 

 

続いては、Webライティングで報酬を得ていく方法です。

 

仕事を受けるなんて自信がない」と思っている方でもこの手順で進んでいけば、遅くても半年後には月50,000円の報酬を得られます。

 

とにかく1日でも早く仕事を受けることがWebライティングで報酬を得ることに繋がりますので、自信を持って実践してください。

 

心配な方は次の本を1冊読むだけで大丈夫、文章の基礎が理解できて自信がつきます。

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス) [ 唐木元 ]

価格:1,404円
(2019/4/25 00:30時点)
感想(2件)

 

この本は月間3,000記事を配信している「ポップカルチャーナタリー」というwebメディアの初代編集長が書いたもので、素人で入社してくる社員のための教科書です。

 

文章の基礎と、Webライティングに必要な調査やわかりやすい表現方法、完読してもらえるコツなどが書かれています。

 

 

Webライティングで報酬を得る「手順1:単価の安い案件から挑戦!」

 

 

まったくの初心者の場合、単価の安い案件やタスク作業から挑戦です。

 

単価の安い案件は即採用!が多く、記事を次々に書いていくことができます。

 

また、タスク作業の場合はクライアントとのやり取りが無く、直ぐに作業画面になります。

 

ただし時間制限があるので案件の概要を確認して、制限時間内に完成できるものがおすすめです。

 

制限時間が過ぎても再トライはできますが、その場合はワードなどで記事を仕上げてから作業開始ボタンを押して納品する方が、落ち着いて記事を書けます。

 

目安の作業期間と作業量

作業期間:2週間〜1ヶ月 作業量:1日1本以上

 

 

Webライティングで報酬を得る「手順2:文字数が多く構成のある案件に挑戦!」

 

記事を書くことと、クラウドソーシングサイトのシステムに慣れてきたところで、ステップアップします。

 

「クラウドワークス」では「そろそろ〇〇の案件に挑戦してみましょう!」のメッセージをくれるので、目安にするのも良いですよ。

 

今回のステップアップは文字数1,000文字〜3,000文字くらいの案件で、文字単価0.6円〜0.9円の報酬が丁度良いです。

 

3,000文字以上では1文章のまとまりをつけるのが難しくなり、記事を仕上げるまでに時間がかかります。

 

また、文字単価1円未満の案件はトライアルがない。あったとしても簡単で採用されやすいので受注しやすいです。

 

そしてクライアントの評価がつき、自分の実績にもなっていきます。たくさん星がもらえるように真剣に取り組みましょう。

 

実績は今後、文字単価1円以上の仕事を受注するために大切なスキルの証拠になります。

 

他にも構成の作成と記事執筆という案件もおすすめです。

 

構成を作るために調査を行いますので、どんな内容が読まれやすく訪問者が満足してくれる記事なのか掴むことができます。

 

訪問者が満足する記事はクライアントも満足してくれる記事ということになります。

 

 

目安の作業期間と作業量

作業期間:1ヶ月〜6ヶ月 作業量:月20本以上

 

 

Webライティングで報酬を得る「手順3:文字数が多く高単価の案件に挑戦!」

 

 

1記事3,000文字、月20本の案件がこなせるようになったら、さらにステップアップをしていきます!

 

文字数1,000文字以上で文字単価1円以上の案件です。

 

文字単価1円以上の案件はほとんどの場合、クライアント側に編集さんがいます。

 

ここで自分のスキルがさらに磨かれます。厳しいことを言われることもありますが、大変ためになることばかりです。

 

しっかり踏ん張りを効かせて取組むと、あっという間にWebライティングの技術がアップします。

 

ただし気を付けたいのが作業内容です。

 

1文字1円でも、構成やタイトル・画像選定・入稿までなど一連の作業も含まれている場合があるのです。

 

それも自身でアフィリエイトで稼ぐことを目標にしていれば勉強になりますが、Webライティングだけをサクサク行っていきたい人にはうっとおしい作業になってしまいます。

 

やはり案件内容を良く確認する。またはクライアントに質問するなどして仕事を受けることをおすすめします。

 

目安の作業期間と作業量

作業期間:仕事がある限り 作業量:文字数により1日1本以上〜3日で1本など

 

 

Webライティングで報酬を得る「手順4:自分の得意分野の案件に挑戦!」

 

1文字1円の仕事が落ち着いてきたら、平行して自分の得意分野の案件を増やしていきます。

 

初めての時と同様に、安い単価の案件からこなしていきます。

 

Webライティングをするうえで調査を必ず行いますので、同じカテゴリの案件を調べてこなしているうちに自分の得意分野になっていきます

 

または資格や特技などを持っている方は、その分野の案件を行うと文字単価の高額案件に巡り合えます。

 

そして専門分野の高額案件は報酬アップが見込めます。

 

私は当初1文字1円の案件が現在1文字3円になり、毎月20本受注できるようになりました。

 

目安の作業期間と作業量

作業期間:仕事がある限り 作業量:文字数により1日1本以上〜3日で1本など

 

 

主なクラウドソーシングサイト

 

 

ここまでWebライティングの報酬を得ていく方法をご紹介してきましたが、クラウドソーシングサイトの仲介で仕事を受注していることを前提に書いています。

 

主なクラウドソーシングサイトをご紹介します。

 

【プラチナライター】
ザグーワークス運営:登録にトライアルテストがあるが、合格すれば高単価の仕事が受けられる。

 

【クラウドワークス】
クラウドワークス運営:登録が簡単ですぐに仕事を開始できる。レベルに合わせた案件が豊富。

 

【ランサーズ】
ランサーズ運営:登録が簡単でタスク案件はすぐに仕事を開始できる。プロフェッショナルな案件が多い。

 

 

スムーズにWebライティングの報酬を上げていく重要なポイント!

 

 

それではできるだけ早く報酬をあげていくための重要なポイントをご紹介します。

 

報酬をあげて安定して稼いでいくための必須事項なので、一読してくださいね。

 

 

レスポンスは早く!納期を守る

 

クライアントとのやりとりは素早く反応して行うことと、納期は絶対に守る!もしくは納期より早く納品することです。

 

手が離せない時でも一言「1時間後に返事します」など、簡単で良いのでメッセージを送りましょう。

 

また、納期が早いと追加で仕事をもらえるようになります。

 

同一クライアントからの受注は作業しやすいばかりか、文字単価アップも見込めます。

 

 

報酬アップ制度のある案件を見つける

 

 

案件の詳細に、はじめから報酬アップが明記されているものもあります。

 

きちんと明記されている案件はやる気にもなります。たくさんの案件の内容を確認してみましょう。

 

 

報酬アップを交渉する!

 

 

継続して仕事をもらえている場合、修正がかからなくなって3ヶ月〜半年くらいしたら報酬アップの交渉をおすすめします。

 

ただ、そのまま依頼がこなくなる可能性もあるので、次の仕事の目途が立ってからにすると安心です。

 

また、1案件に追加払いという形で仕事を受けていると、報酬が一定金額を超えた時点でクラウドソーシングサイトのシステム手数料が割引になっていきます。

 

例えばクラウドワークスの場合は10万円から手数料が20%⇒10%・20万円から10%⇒5%といった具合です。

 

新規案件になるとまた20%の手数料からになり、始めの1〜2ヶ月は報酬が減少するので出来れば継続して同じ案件で続けていきたいですが、自分にWebライティングの実力がついてきていればすぐに良い案件が見つかります!

 

いつまでも文字単価の安い仕事で悩むなら、新しい案件にチャレンジするのもありですね。

 

【報酬アップを交渉する目安】

 

・クライアントからの修正依頼がこなくなった(クライアントが満足している)

 

・納品が早くなった(クライアントが信頼してくれている)

 

・継続して3ヶ月以上経過している(クライアントが信頼してくれている)

 

・相場を確認する(クライアントが相場を知らない)

 

 

私はリライト記事も受注することがあるのですが、1本行ってどうしても作業量に見合わず、単価アップを申し出たことがあります。

 

クライエントは快く受け入れてくれて、その後追加で15本の仕事をいただきました。

 

相場はリライトでは中間くらいの文字単価(1文字0.5円)でしたが、リライトというよりタイトルだけ残し全て書き直しのような案件だったためお願いした次第です。

 

案件をこなしているうちにスカウトもくるようになると思いますので、その時は「相場」に関係なく、自信を持って遠慮なく納得のいく文字単価を交渉しましょう!

 

 

「あなたに書いてほしい」といわれるWebライティング技術を身に着ける

 

 

クライアントからスカウトがきて、「ぜひ、あなたに記事を書いてほしい」と言われたら一流です!

 

すぐに登録しているプロフィールを上級者にして更新しましょう。スカウト案件が増えていきますよ。

 

またWebライティングの仕事で培った技術を、自分のアフィリエイト記事にも活かすこともお忘れなく。

 

それでは書いて、書いて、書きまくりましょう!

 

 

【紹介したWebライティングの本】

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス) [ 唐木元 ]

価格:1,404円
(2019/4/25 00:30時点)
感想(2件)

 

【関連記事】
Webライティングの基本を知ってライティング技術を身に着ける

 

 

 

 

 


トップへ戻る