1日でも早く成功したい!失敗をして遠回りしないためにやるべきこととは?

Webライティング「見る」から「読まれる」記事になる言葉選び

Webライティング「見る」から「読まれる」記事になる言葉選び

 

Webサイトの記事は、書籍と違い読むというより見るという感覚で読まれます。

 

そのためWebライティングでは「ん?」と思われ、スクロールの速度を落とせるような内容の記事に仕上げなければなりません。

 

ここでは「見る」ではなく「読まれる」記事になる言葉選びとWebライティング方法をご紹介します。

 

 

読まれる記事になる言葉選び

 

 

訪問者がせっかくやって来ても、チラッとページを見ただけで離脱してしまうのではもったいないですね。

 

滞在時間を長くして、最終的に購入してもらうには「続きを読みたくなる文章」と「説得力」が必要です。

 

独学で心理学の本から学んだ言葉の力と使い方をご紹介します。

 

 

人を説得する言葉のテクニック

 

 

アフィリエイトのWebライティングで必須の人を説得する時に効果的な言葉を「例」と交えてご紹介します。

 

一面提示

 

商品のプラス面だけを相手に伝える。

 

<解説>
その商品のマニアや購入意欲がほぼ固まっている訪問者に適しているが、

 

後にクレームに繋がることや、急に相手の意見が変わってしまうことがある。(ブーメラン効果)

 

<例>
この雑巾は大変すぐれている。○○研究室で開発され、ホコリの吸収が掃除機を上回っている。

 

 

両面提示

 

商品のプラス面とマイナス面の両方を相手に伝える。

 

<解説>
訪問者に誠意が伝わり信頼関係がうまれ、リピーターになってもらえる。

 

<例>
この雑巾は大変すぐれているが、料金が非常に高い。今後料金を下げる予定である。

 

 

ブーメラン効果

 

 

<解説>
説得されればされるほど反発して逆効果になる。

 

<例>
購入しようと思っていたのに「購入してください。」と言われ購入する気がなくなる。
(自分の自由を守るために生じる)

 

 

好意の返報性

 

<解説>
相手の自尊心をくすぐり、特別感を与え恩義を感じる。

 

<例>
あなただけ特別に教えます。

 

 

コントラスト効果

 

<解説>
はじめに心理的負担の高い条件をだし、その後軽い条件を出すと後者を選ぶ。

 

<例>
この雑巾は大変すばらしい商品なので1万円ですが、こちらの一回り小さいサイズは1000円です。

 

 

クライマックス法

 

<解説>
後から重要な話をする。(相手の関心度が高い時に用いる)

 

<例>
世間話をした後に商品説明をする。

 

 

アンチクライマックス法

 

 

<解説>
はじめに重要な話をする。(相手の関心度が低いときに用いる)

 

<例>
先に商品の説明をした後に世間話などをする。

 

 

段階的要請法

 

<解説>
必ずOKがでそうな小さな要請を受け入れてもらい、大きな要請をする。
(はじめの要請を受けてしまったので、次の要請が断りずらくなる心理)

 

<例>
この洗剤のサンプルを特別に100円でお売りします。この雑巾はこの洗剤と併せると効果抜群です。

 

 

譲歩的要請法

 

 

<解説>
はじめに大きな要請をし、次に本題になる小さな要請をする。
(大きな要請を断ったあとなので、次の要請は譲歩しようと思う心理)

 

<例>
この雑巾は10000円です。では、こちらの何でも落ちる100円の洗剤はいかがですか?

 

 

文脈

 

<解説>
商品の説明には文脈を構成すると、相手にうまく情報が伝わる。
(情報とは、何を・いつ・どこで・どのように・などが文脈を構成する)

 

<例>
この雑巾は先月○○研究所で繊維の研究者□□教授らが開発した画期的な商品です。

 

この雑巾を毎日の家の掃除に使うとホコリを全て吸収できるので、

 

ハウスダストによる健康被害が軽減されることが実験で分っています。

 

 

言葉の種類

 

 

次に、訪問者の心を射止める言葉の種類をご紹介します。

 

お得感を出す言葉

無料・割引・特別・あなただけ など

 

強い言葉

絶対・必須・必ず など

 

反対の組み合わせ言葉

食べて痩せる・買ったらプレゼントあり・使って貯める など

 

信頼の言葉

○○大学○○医師監修・○○新聞社のデーター など

 

二度訴える言葉

痩せてお肌がきれいになる・友だちを増やして社長になる・体重を減らして有名人になる など

 

数字化する

1日に○○人の実績・80%増加・3つの方法・全国○位 など

 

呼びかけの言葉

〜ですか?・〜だと思いませんか?・なぜ?○○だと思うのか? など

 

焦る言葉

○○日までに・今月の特別価格 など

 

特に数字で表現すると信憑性が高まり心に留まりやすくなります。

 

 

Webライティングで気を付けたい言葉の使い方

 

 

何気なく使用した言葉でも、誤解を招いたり法に触れたりする場合があります。

 

特にWebライティングで商品を紹介するときに、勢い余って誤解を招く表現をしないように気を付けましょう!

 

【消費者センターに相談されている言葉】

 

「誰でも100%成績が上がる」 

 

「ゲームをするだけで儲かる」 

 

「イヤホンを通して音楽を聴くだけで奥さんの病気は治る」

 

このように、効果や効能を言い切ってしまうと過大表現として苦情につながります。

 

 

「読まれる」Webライティングの作成方法

 

 

さまざまな言葉や使用する場面をご紹介してきましたが、全て使うのでは読みずらい記事になってしまいます。

 

Webライティングでは全てを取り入れるのではなく、商品やターゲットに合わせてどの言葉の組み合わせがよいか決めて使ってみてください。

 

 

「読まれる」Webライティングの重要ポイント

 

 

「読まれる」Webライティングのポイントは「共感」です。

 

「共感」の文章で訪問者は「そうそう!」と文章にのめり込んでいきます。

 

ただし、ピッタリはまる「共感」の文章は、ターゲット(ペルソナ)の設定をしっかりしていないとできません。

 

私は個人的な考えが入ってしまうことが多く、ターゲットを設定しても「共感」の文章を考えるのが苦手です。

 

私と同様に感じる方は、自分や友人・家族に近いターゲット設定から始めるとやりやすいです。

 

【関連記事】
WEBライティングを上達させる方法

 

言葉を上手に選んで、他サイトとの差別化・違う視点からのアピールができるようになると、Webライティングは成功です!

 

そしてアフィリエイトのWebライティングの場合は、プラスで「クリックしたくなる言葉」が必要になります。

 

Webライティングも良質の記事が書けるようになり自信がついてくるまでに時間がかかりますが、たくさん記事を書いて経験を積んでいきましょう!

 

 

 

 

 


トップへ戻る