1日でも早く成功したい!失敗をして遠回りしないためにやるべきこととは?

【ターゲット】の設定でWEBライティングを上達させる方法

【ターゲット】の設定でWEBライティングを上達させる方法

 

なかなかアクセス数が伸びない

 

上記のように悩んでいるWebライターは多いです。

 

半年前の私もその一人でした。

 

Webライティングはネットを通じて、世界中の不特定多数の人が閲覧できる環境にあります。

 

しかし自分が作成した一つの記事を、世界中の人が興味を持って読むことはまずありえません。

 

理由は興味の範囲が異なるからです。

 

ターゲット(ペルソナ)を広げればWebライティング記事を読んでもらえると思いませんか?

 

しかしそれでは逆効果なのです。

 

今回は良質なWebライティング記事を書くためのターゲット設定についてご紹介します。

 

 

ターゲット(ペルソナ)の考え方

 

 

ターゲットはできるだけ絞り込みましょう。

 

理由は記事の内容をぶれないようにするためです。

 

【ターゲット例】
A:男性・釣り好き

 

B:男性・海釣り好き・会社員・妻と子供2人(10歳・8歳男の子)・マイカーあり

 

 

Aのターゲットでは釣り好きの男性が喜びそうな川や海・釣り堀などの紹介記事。

 

Bのターゲットでは海釣りができて子供が楽しめるスポットがあり、車で行ける範囲のあまり費用がかからない場所の紹介記事。

 

Aの紹介記事は範囲がかなり広く膨大な量の記事内容になり、まとめるのが大変で自身も相当な労力を使います。

 

また、検索者であるターゲットも自分の行きたい釣り場所を文中で探すまでに時間がかかり途中で離脱する可能性があります。

 

Bの紹介記事はある程度ターゲットに向けて内容が絞られているため、求めている釣りのスポットが見つかる可能性が高いです。

 

このように、ダイレクトにターゲットに刺さる記事にするため、ターゲット設定をしっかり行うことが必要です。

 

 

多くのターゲットに向けた記事にする方法

 

 

ターゲットを絞り込みすぎると該当するターゲットが少なく、紹介記事を読んでもらえないのでは?

 

上記のような疑問も出てくると思いますが、回避する方法は「キーワード」設定のときに調べる検索ボリュームです。

 

【関連記事】に詳細を紹介しています。
アフィリエイト初心者のSEO対策【タイトルとキーワード】の3つのポイント

 

「キーワード」を設定する時に検索ボリュームなどを確認しますが、検索者数の多いキーワード=同様のターゲットが多いということなので、ターゲットを絞っても検索者数の多い話題の紹介記事を書くことになります。

 

 

ターゲットにより好まれる紹介記事を書く

 

 

ターゲットたちは、早く結果を知りたいと思っています。

 

だらだらと前置きを長くせず、結論から紹介していきましょう。

 

簡潔で特徴が分かりやすく紹介されている記事が好まれます。

 

 

 

 

 


トップへ戻る