1日でも早く成功したい!失敗をして遠回りしないためにやるべきこととは?

自分のサイトにリンクを貼る時の正しいやり方と注意事項

自分のサイトにリンクを貼る時の正しいやり方と注意事項

 

自分のアフィリエイトサイトを作成するにあたり、広告リンクや参考サイトのリンクを貼ることや、リンクの依頼を受けることなどもあります。

 

通常は用意されたコードをそのまま貼りつけることで終わりですが、実はリンクを貼る時に注意しておくべき点があります

 

今回は知っていた方が良い、安全なリンクの貼り方についてご紹介します。

 

 

リンクを貼る時は「PageRank」のリンクに気を付ける

 

 

まずはGoogleリンクプログラムの中にある、サイトの重要度を測る「PageRank(ページランク)」のリンクについての注意点を見てみましょう。

 

【「PageRank」のリンクについて】

 

Googleリンクプログラム

 

Googleがウェブマスターに向けて発信している品質に関するガイドラインの一部。

 

PageRankのリンクやサイトのランキングを意図したリンクは、リンクプログラムの一部としてみなされ違反にあたる。

 

ここでは自分のサイトへの操作も、自分のサイトからの操作も該当するとされている。

 

上記のようにGoogleは言っていますが、通常のリンクであればさほどサイトの掲載順位に影響はありません

 

しかし、違反になってしまうリンク行為もありますので注意が必要です。

 

SEO対策の一環として、自分のサイトのリンクをたくさん貼ってもらい、特に「PegeRank」の高いサイトと相互リンクをしたいと思いますが、むやみに貼りつけたリンクは違反行為になってしまいます。

 

例えば、リンクの売買を商売として行っている人達がいます。

 

【リンク売買の例】

 

『このリンクをあなたのサイトに貼ってくれれば○○円差し上げます。』 売買

 

『このリンクはPageRankが高いですよ。買いませんか。』 売買

 

『このリンクをあなたのサイトに貼ってくれれば、あなたのサイトのリンクをこちらにも貼ります。』 相互リンク

 

『この商品についてレビューを書いてリンクを貼ってくれれば、無料で○○を差し上げます。』 プレゼント

 

上記のようなかたちで「PageRank」を意図的に作用する目的でリンクを行うと、ランキングを上げるために故意にリンクをしているとみなされGoogleのリンクプログラムに違反してしまいます。

 

自分では違反するつもりはなく軽いお小遣い稼ぎのつもりで行った行為が、実は自分のアフィリエイトサイトのランクを下げてしまう結果になってしまいます。

 

通常のASP(広告)会社の広告などは大丈夫ですが、その他の企業などのテキスト(文字のみ)の広告でPageRankが転送される場合がありますので気を付けましょう。

 

 

テキスト広告のリンクを貼る時のやり方

 

 

テキスト広告を貼るときはサイトの内容にあった適切な場所に貼るか、PegeRankが転送されないように設定してあるかを確認することをおすすめします。

 

基本はサイトの内容にあった部分でリンクを貼るのが当たりまえなので適切な場所に貼られていると思いますが、購入したリンクやいつのまにか貼られていた(コメントなどで)リンクでは、悪質なサイトのリンクを貼られる場合があるので注意が必要です。

 

「PegeRank」を転送しないリンクの設定方法

 

検索エンジンに『このリンクをたどってほしくない(クロール)』と指示を与えることができます。

 

やり方は、個々のリンクに 「nofollow」を設定します。

 

 

 

このブログの機器設定ページで使用したエレコムルーターのリンクの例です。

 

rel="nofollow"  属性を  “a” タグ内に追加します 

 

252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Felecom%252F4953103294097%252F%26m%3Dhttps%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Felecom%252F4953103294097%252F"  blank" rel="nofollow">エレコム ルーター ・・・・・・・・・・・・・・・・です。

 

黄色のマーカーの部分が追加されているタグです。テキスト名の前に設置されています。

 

これはASP会社の広告なので初めから設定されていますが、リンクを貼る時は「nofollow」を追加することで「PegeRank」の転送を防げます。

 

 

分かりやすい良い例は、誰でも1度は閲覧したことのある「Wikipedia」です。

 

「Wikipedia」を見てみると、訪問者が検索内容をもっと理解できるように、たくさんのテキストリンク(アンカーテキスト)が文章の中に組み込まれています。

 

これらは全て「nofollow」 属性を追加して「PegeRank」の転送を外しているそうです。

 

きちんと必要な箇所にリンクが貼られているのですが、あまりに数が多いのでSEO目的と思われないようにしているのでしょう。

 

同様に、どうしてもテキストリンクをたくさんつけたい場合は「nofollow」を追加しておくと、自分のサイトを守るためにも適切です。

 

 

正しいリンクの意義

 

 

それでは本当のリンクについて理解を深めていきましょう。

 

まず、質の良いサイトを作成すると自然にコメントがもらえるようになりリンクが貼られていきます。

 

また参考サイトなどとして他の方のサイトにリンクが貼られることもあります。

 

このような自然に貼られるリンクは人気投票のようなもので、「PegeRank」が上がっていくのです。

 

特に参考サイトとしてリンクが貼られた場合、A訪問者がリンクを貼り⇒さらにA訪問者のサイトを見たB訪問者がAサイトのリンクを貼ると、自分のサイトは雪だるま式に良質なサイトだと評価されます。

 

このように自分のサイトにとっても自分のサイトへの訪問者にとっても、ためになるサイトだと思って自然にリンクを貼る場合は、rel="nofollow"の追加は不要です。

 

自分のサイトにリンクを貼る時も、訪問先のサイトのリンクを貼る時も、お互い良いサイト同士高め合っていくことができれば先の利益につながっていきます。

 

まずは自分のサイトの質を高めるところから初めていきましょう!

 

【関連ページ】
1日1000アクセで収益アップ!最後まで読まれるアフィリエイト記事の書き方【構成編】

 

 

 


トップへ戻る