1日でも早く成功したい!失敗をして遠回りしないためにやるべきこととは?

Webライティングの基本を知ってライティング技術を身に着ける

Webライティングの基本を知ってライティング技術を身に着ける

 

アフィリエイトで最大の武器になる「Webライティング」。

 

思うように記事が書けない」「どうやって記事を書けば良いのかわからない

 

アフィリエイトを行っている95%の方が上記のように悩んでいます。

 

毎月5,000円以上の収益を出せるようになるためには、Webライティングの技術に命運がかかっていると言っても過言ではありません。

 

今回は、月に50本のWebライティング記事を書いている私が、これまでの経験を基にまとめたWebライティングに大切な基本事項についてご紹介します。

 

 

読む人を惹きつけるWebライティングの基本

 

 

Webライティングに一番大切なのは「寄り添うこと」です。

 

訪問者の気持ちに寄り添い、気持ちを共感している内容に仕上げることが大切です。

 

自分の押し付けではなく、訪問者の立場に立った記事にしていきましょう。

 

 

Webライティングの出だしは共感から

 

Webライティングの出だしは共感の文章からはじめます。

 

情報が溢れるインターネットの世界では、最初に目に入る文章で続きを読んでもらえるかどうかが決まってしまいます

 

まったく自分の気持ちと関係ない文章が最初に書かれている記事と、「そうそう!」と思える文章が最初に書かれている記事では、後者の方が続きを読んでもらえます。

 

訪問者の気持ちになって、最初の文章(リード文)を書いていきましょう。

 

 

リード文の後半は読むとためになる情報があることを伝える

 

 

リード文は200文字くらいの短い文章ですが、後半には「この記事を読むとためになることがありますよ」と分かる文章を書きます。

 

共感の文章で惹きつけた後に、「続きが読みたいな」と思ってもらうことが大切です。

 

くどくなり過ぎず、簡潔に本文へ繋げていきましょう。

 

 

本文の流れで大切な順序

 

リード文の後に本文を書いていきますが、サブタイトルなどの後には結論を書きます。

 

訪問者は「早く答えを知りたい!」を思っていますので、前置きが長いと離脱してしまうのです。

 

結論⇒理由(根拠)の順序で本文を書いていきましょう。

 

【Webライティングの流れ】

 

見出し1⇒結論⇒理由

 

見出し2⇒結論⇒理由

 

Webライティングは上記のような流れで書いていきます。

 

 

Webライティングは呼吸できる文章にする

 

 

Webライティングでは、あまり長い文章は好まれません。

 

ひとつの文章の長さは70文字以内に収めるようにしましょう。

 

長い文章になってしまう時は 、文章を2つに分ける工夫が必要です。

 

深呼吸しながら読める、読みやすい、頭に入りやすい文章にしてあげることが基本です。

 

また、句読点は適切な箇所につけます。

 

句読点が多すぎるとぶつ切りの文章になり、少ないと意味が伝わりにくくなってしまします。

 

自分で何度も読み返して、リズム感のある文章に仕上げます。

 

 

「こそあど言葉」を使わないようにする

 

「こそあど言葉」はGoogleの評価を下げてしまいます。

 

「あれ」「これ」「それ」「その」などは極力使わないようにしましょう。

 

私も今まで「こそあど言葉」が入っていないと文章が伝わりにくいと思っていましが、思った以上に読みずらくなることはありません。

 

しかし接続詞は適切に使用してくださいね。

 

 

画像や空白を活用して「箸休めの間」を作る

 

 

Webライティングでは、文章を詰め込まないことが基本です。

 

ひとつの文書を書いたら改行を行い空白行を作りましょう。

 

また、適宜記事に合った画像を取り入れて「箸休めの間」を作ることも、気軽に読める記事になるので訪問者の離脱防止になります。

 

 

Webライティングには表やグラフも取り入れる

 

Webライティングでは全て文字だけの記事にするのではなく、箇条書きの箇所や表・グラフで表現して簡潔に分かりやすく説明することも必要です。

 

また、ボック枠や吹き出し枠なども活用してみましょう。

 

ボックス枠などで囲まれていると「重要ポイント」として強調できるので、書き手にとっても有意義な活用したいツールです。

 

 

Webライティング技術を磨くためにすること

 

 

Webライティングの書き方は頭で分かっていても、いざ実践するとなかなかできないものです。

 

簡単そうで難しいのがWebライティング。

 

では、私がこれまでに行ってきたWebライティング技術を磨く方法をご紹介します。

 

 

とにかく書く!書き続けて評価を受ける

 

 

大した方法でなくて申し訳ないのですが、とにかく書くことです。

 

そして評価を受けることが大切です!

 

この評価が実力を急速に上げてくれます。

 

評価をしてもらう方法は色々ありますが、私がおすすめするのはWebライティングの仕事を請け負うことです。

 

単価の高いWebライティングの仕事にしてください。

 

安い単価の仕事は評価を受けられません。

 

高単価の仕事はトライアルなどが設けられていることが多いので、自分の実力を測ることもでます。

 

仕事の受注はクラウドソーシングサイトなどで募集してますので簡単に見つけることができます。

 

【主なクラウドソーシングサイト】

 

【プラチナライター】

 


【クラウドワークス】

 

【ランサーズ】

 

報酬を得ながら評価を受けられてWebライティング技術も上達するのでおすすめです。

 

【関連記事】
Webライティングで報酬を得る【ネットビジネスその3】

 

 

自分のWebライティングを最終チェック

 

 

Webライティングの記事を書き終えたら、最終チェックを行います。

 

最終チェックはすぐに行わず、時間をあけてから読み返します。

 

読み返して誤字・脱字を確認後、今度は自分のキーワードの上位サイトを読みます。

 

読みやすさ、内容の充実さを比べて確かめてください。

 

この時上位サイトの方が「ためになる」「読みやすかった」と思ったら修正が必要です。

 

また、記事を書くときに決めたターゲット(ペルソナ)になったつもりで読み返すことも心がけてください。

 

この最終チェックを自分の納得のいくまで繰り返します。

 

最終チェックの注意点は、上位サイトを読み過ぎてコピー記事にならないようにすることです。

 

あまりに似ている記事になってしまってはコピペと間違えられて警告を受けてしまうので、オリジナリティがなくならないように注意しましょう。

 

 

Webライティング技術が上達すれば結果がついてくる

 

 

Webライティングの技術の上達に伴い訪問者が増え、滞在時間も長くなり収益が見込めるようになります。

 

また、一度見につたWebライティングの技術は自分の財産になり、今後ネット社会がさらに広がる世の中の第一線で活躍できます。

 

「Webライティングの仕事が舞い込むようになった」「目標の収益を得られるようになった」

 

それぞれ結果は違いますが、確実に自分のためになる技術なのです。

 

Webライティングの技術を身に着けて、多くの場面で活躍できるWebライターになりましょう!

 

 

構成やターゲット設定・タイトルの決め方などについては【関連ページ】からおすすみください。

 

 

 


トップへ戻る