1日でも早く成功したい!失敗をして遠回りしないためにやるべきこととは?

エックスサーバーで確認!訪問者の滞在時間と入口・出口で良質なサイト作り

エックスサーバーで確認!訪問者の滞在時間と入口・出口で良質なサイト作り

 

「アクセスしてくれた訪問者がいったいどの位滞在してくれたのか?」

 

訪問者の滞在時間がアフィリエイト初心者にも分かりやすくグラフ表示してくれるのがエックスサーバーのアクセス解析です。
【関連記事】
エックスサーバーとエックスドメインのお得なキャンペーン

 

エックスサーバーを利用している方はもちろんですが、どのレンタルサーバーを利用しようか検討中の方も良質なサイト運営の指標として是非ご覧ください。

 

 

エックスサーバーで確認サイト記事を修正するときはどんな時?

 

 

それではサイト記事修正の参考になるエックスサーバーを使った訪問者の滞在時間と、入口・出口のページの確認についてご紹介いたします。

 

滞在時間は1000文字のページなら2分位の滞在時間がないろ、Googleは役に立たない必要のないページと評価します。

 

また出口となった離脱ページは情報の薄いページと判断されてしまいます。

 

いずれも検索順位にかかわってくる重要な指標です。

 

 

エックスサーバーで訪問者の滞在時間を調べる

 

それでは訪問者の滞在時間を調べます。

 

訪問者の滞在時間はサーバーパネルからログイン⇒アクセス解析⇒滞在時間で見ることができます。

 

 

上記のグラフがこのサイトの訪問者の滞在時間です。

 

2分以上滞在してくれている訪問者が少ないですね。0〜30秒が79%です。

 

ただ、これでも少し改善してきてまして、運営当初は0〜30秒が98%でした。

 

日々ページ内容の修正と新しいページを追加して79%になったのですが、まだまだ修正が必要だということが分かります。

 

では、実際にどのページの修正をしたらよいでしょうか?

 

修正する必要のあるページが分かるのがアクセス解析の「ページ別」です。

 

 

エックスサーバーで帰ってしまうページを把握する「ページ別」

 

エックスサーバーのアクセス解析「ページ別」では、訪問者の入口と出口を把握することができます。

 

 

上記の表はエックスサーバーのアクセス解析にある「ページ別」の結果です。

 

黄色い部分がサイトのページ別の入口と出口です。

 

出口の数値が多いページは、記事修正をする必要があります。

 

せっかく訪問してもらったのに、記事内容が不満足でそのページから帰ってしまっただけでなく、別ページや商品の購入などに繋がる誘導ができていなかったことを示しています。

 

そのためページ内容の充実やサイト内リンクを付けるなどの変更が必要になります。

 

 

エックスサーバーその他のアクセス解析

 

 

エックスサーバーには他にもサイト運営のために役立つ数値が表示されています。

 

【エックスサーバーのサイト運営に役立つ数値】
OSとブラウザ
アクセス流入元と検索ワード
訪問者数
訪問回数
ページビュー
ヒット数
時間帯別アクセス推移
曜日別アクセス推移
など

 

エックスサーバーのアクセス解析はアフィリエイト初心者にもわかりやすく、サイト運営の参考になる必要な数値が提供されているのでおすすめです。

 

エックスサーバーのアクセス解析は、6時間に1回更新されまています。

 

 

【関連記事】
自分のサイトの運営は上手くいっている?確認するべき3つの数値

 

 

 

 

 


トップへ戻る