1日でも早く成功したい!失敗をして遠回りしないためにやるべきこととは?

自分のサイトの運営は上手くいっている?確認するべき3つの数値

自分のサイトの運営は上手くいっている?確認するべき3つの数値

 

自分のサイトの運営は上手くいっているのか?

 

自分のサイト運営が上手くいっているのか心配で、確認したいのは誰もが思っていることですよね。

 

運営状況を確認しながら良質なサイトに育てていくことが収益UPにも繋がるため、とても大切なことです。

 

しかし、以前はGoogleが提供していた【PageRank】のツールバーや拡張機能を使用して、簡単に確認できたサイトのランクを確認することができましたが、現在はサービス停止により見れなくなってしまいました。

 

今回は、Googleが推奨している自分のサイトの運営状況を確認する3つの数値をご紹介します。

 

【PageRank】の一般向けサービスがなくなってしまっても大丈夫です!

 

3つの数値で収益UPを目指しましょう!!

 

 

自分のサイトの運営状況を確認する3つの数値

 

 

Googleが【PageRank】の一般向けサービスを終了させたのは、更新頻度が少なく最新情報を提供できないこと、【PageRank】以上に参考にしてほしい数値があるという理由でした。

 

自分のサイト運営を確認するために参考にする数値は次の3つです。

 

【サイト運営を確認するの3つの数値】
1.コンバーション率
2.直帰率
3.クリック率

 

コンバーション率

 

コンバーション率は、訪問者が自分のサイトの中でアクションを起こした数値です。

 

広告のクリックや商品の購入、メール登録などの行為のことです。

 

コンバーション率が高ければ、訪問者を収益に繋がるゴールまで上手く誘導できていることになります。

 

 

直帰率

 

直帰率は訪問者が他のページをクリックせずに離脱した数値です。

 

直帰率が低ければ、サイトが魅力的で訪問者が満腹になるサイトだということになります。

 

 

クリック率(CTR)

 

検索結果で表示された後、自分のサイトがクリックされて表示された数値です。

 

クリック率が高い場合は、タイトルやタイトルと一緒に表示されるスペニットにページ内容が的確に要約されていることになります。

 

 

自分のサイトの運営状況を確認する便利なツール

 

 

それでは自分のサイトの運営状況を確認する便利なツールをご紹介します。

 

 

Googleアナリティクス

 

多くのサイト運営者が活用しているのがGoogleアナリティスクです。

 

自分が運営しているサイトに、どんな訪問者がやってきて行動をしたかの数値を提供してくれます。

 

自分のサイトの運営状況を確認する3つの数値はもちろんのこと、ユーザーの属性・訪問経路・アクセスしたページ・ページの速度などを確認することができます。

 

 

Search Console

 

併せてSearch Consoleの使用もおすすめします。

 

Search Consoleは自分のサイトに問題がおきた時にエラー項目などを教えてくれます。

 

また、キーワード別の検索順位やアクセス数・クリック数・Googleが把握しているページ数の他、ページを追加した時にクロールを呼ぶなどもできて役立ちます。

 

 

3つの数値を軸にツールを活用して収益UPに繋げる

 

 

コンバーション率・直帰率・クリック率が良好であれば、訪問者が満足する良質なサイトであり収益も必然的に出てくるということですが、そう簡単にいかないのがサイト運営の難しいところですよね。

 

しかし、新しいページを増やしたらそれで終わりということはせず、2つの便利なツールを組み合わせながら自分のサイトの修正を重ねていくことが大切です。

 

私が必ず行っているのは、新しいページを追加した時のクロールへの報告とエラー報告があった時の修正、訪問者の滞在時間を確認して直帰率の多いページの修正を行うということです。

 

また、ページの速度も遅い時があったので、離脱に繋がらないようページ内を修正したことがあります。

 

初めのころは数値を見ていてもさっぱり分からないことだらけだと思いますが、毎日見ているうちに見慣れてきます

 

面倒かもしれませんが、毎日1度ツールで自分のサイトの運営状況を確認してクセを付けるようにましょう!

 

 

 

 

 

 

 


トップへ戻る